予防接種のご案内

定期接種のワクチンと標準的な接種方法 (不活化)=不活化ワクチン、生=生ワクチン

ワクチン名

予防する疾患

接種時期と接種方法

ヒブワクチン(不活化)

インフルエンザ菌b型という化膿性髄膜炎で敗血症をおこす細菌に対するワクチン

生後2ヶ月から4~8週間の間隔で3回、その後1年後に1回追加します。

小児肺炎球菌ワクチン(不活化)

肺炎球菌という化膿性髄膜炎や肺炎をおこす菌に対するワクチン

生後2ヶ月から4~8週間の間隔で3回、その後1才から15ヶ月の間に追加を一回します。

4種混合(不活化)

DPT+ポリオ(急性灰白髄炎)

生後3ヶ月から接種可能で3~8週の間隔で3回、その後1年後に追加します。

BCG(生)

結核

生後3~6ヶ月の間に1回上腕部にスタンプ式で接種します。

MR・麻疹風疹ワクチン(生)

はしか、風疹

1期は満1才~2才未満。2期は、小学校就学前の1年の間に1回。

水痘ワクチン(生)

水ぼうそう

生後12ヶ月から接種可能で、3か月以上あけて2回接種。

日本脳炎ワクチン(不活化)

日本脳炎

1期は、3~4才に3回、2期は9才~13才未満に1回接種します。

DT2種混合(不活化)

ジフテリアと破傷風

11~13才未満に1回接種します。

B型肝炎ワクチン(不活化)

 

B型肝炎 

生後2ヶ月から接種可能.

初回から1ヶ月後と4ヶ月後以降の3回接種します。

 

 

 

任意接種のワクチンと標準的な接種方法

ワクチン名

予防する疾患

接種方法と接種時期

   

ロタウィルス(生)

ロタウィルスによる嘔吐・下痢症(感染症胃腸炎)に対するワクチン

平成23年11月に導入されたロタリックスワクチンは生後6週間~24週間の間に2回,

ロタテックワクチンは生後6週間から32週間の間に3回それぞれ経口接種します。

おたふくかぜワクチン(生)

おたふくかぜ(特におたふくかぜによる難聴)

生後12ヶ月から接種可能で2-3年あけて2回接種が理想的です。

インフルエンザワクチン(不活化)

毎年冬に流行する季節性インフルエンザウィルスに対するワクチン

1才~3才未満は、0.25mlずつ2回、3才~13才未満は、0.5mlずつ2回、13才以上は0.5ml1回接種します。

子宮頸がんワクチン(不活化)

子宮頸ガンをおこすヒトパピローマウイルスに対するワクチン。

2価のサーバリックスと4価のガータシルがあります。13才以上の女子に、サーバリックスの場合、2回目は1ヶ月後、ガーダシルは2ヶ月後,それぞれ3回目は両ワクチン共に初回から6ヶ月後に接種します。

A型肝炎(不活化)

A型肝炎

3回行います。1回目から2回目は2~4週後、2回目から3回目は6ヶ月あけます。2回まで施行すれば6ヶ月は有効であろうと言われています。

髄膜炎菌ワクチン(不活化) 髄膜炎を起こす細菌    2才以上で1回接種

(メナクトラ)